銀行主催の懇親会にいってきました


懇意にしている銀行からのお誘いで懇親会にいってきました。

一年前にもお呼ばれして、2回めなんですが、つい先日の感覚があってなんとも複雑な気持ちです。

異業種はもちろん、不動産業の会社も複数あっていろんな話をしてきますが、やっぱりこの業界は幅広いですね。

少なくとも、私が見聞きしたことのある(知っている)、収益物件を中心に取り扱う会社は、ソソグーを除くとたったの一社だけでした。

それ以外の不動産会社は2,30社くらいはいたんじゃないでしょうか。

たとえば、二代目の不動産屋で不動産の種類を問わず地主の不動産を中心に売買をしている会社(将来はソソグーもそうでありたい)、土地を造成工事などして区画割りして販売する会社、土地を買って戸建てを建てて販売する会社、そして賃貸仲介中心の会社など、そういう会社のほうが多かったです。

ほんと、違う分野の不動産会社ですがこれらもひとくくりに不動産業界です。

ちなみに実需(住宅)界隈などは、住宅ローン関係は特に問題なくとおるので、建設も不動産もまだまだ景気がいいようで「収益はTATERUやかぼちゃの馬車で厳しいようですね〜(ドゥフフ)」という感じです。

自己資金があれば金融機関も融資先に困っているのでやりたいというのは今も変わっていません…ファンダメンタル・バリューをあげてお金を貸したいと思われる属性になりましょう。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」