不動産売買で1件の成約までの期間が長くなってきました。


メルマガでひとこと書いていたんですが、最近1件の成約までの時間がやたら(とても)長い。

審査基準がある程度決まっているオリックス銀行とか、住宅ローンとかそういう融資は早いんですが、事業用の個別相談案件はもう長いこと長いこと。

結果的に成約になったり否決されることすらあるんですが、2ヶ月たってようやくその回答が出てきたりします。

これね、よほど資金力があったり属性がよくないと購入スピードを上げることができないのでちょっと数字の良い物件を取得しようとしても中々割安な案件なんかと掴むのは難しい可能性が高いといえます。

ソソグー不動産で取り扱っている物件も、2ヶ月後に否決されることすらあるので、最近はもっぱら融資が通った人を優先するような流れになっていますが、とはいえ、4人も5人も同じ案件で融資をすすめるような失礼なことをするつもりもなければ、そんな空振り前提の動きをする営業マンもいないので、やりにくいところです。

収益物件としての数字は良いものを提供していっているつもりではあるのですが、これでは商品を作ると言っても上場もしていない中小企業に抱えることのできる在庫はしれているので、これまた身動きがとりづらい・・・。

ネガティブな話がちょこちょこ出てきてはいるものの、お金を貯めていれば取り組める可能性は結構高いですよ!

元手がなくできる時代ではなくなってきているので、投資でまんまを食べていこうと思っている方は、今辛抱してためていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』