中古収益不動産の期間を利用した合理的な交渉術『不動産投資の心得』


融資が厳しい市況で、融資を利用するなら、そして売主に柔軟性があるなら、割と使える物件価格の交渉方法です。

「ごちゃごちゃ言うなら売らん!」という売主さんもいらっしゃるので、悪手にならないようにだけ気にしないといけません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』