地震と違って風災の被害をみつけるのは難しい。


今年2018年の夏の台風は今までの福岡の感覚から考えると被害が大きかったです。

それでも他県よりは少ないんですよね。

福岡は災害がきそうでありながら、台風の侵入経路に大きい山があるおかげで直撃をさけることが多いという全国的にも災害の少ないエリアです。

地球温暖化のせいなのか、それでも未だかつてない大雨だったりというのが起きるようになってきました。

災害のときこそ保険の適応をということで、いくつか自らもみてきました。

入居者から申告があったものはわかるんですが、台風の被害ってわかりやすいものから分かりにくいものまであってイマイチドローンでも使いこなさないと調査はむずかしいかもしれません。

わかりやすいもの
* 共用灯や外壁など、外部から目指できるもの

わかりにくいもの
* ガラスや隔壁板など、専有部分にはいらないと見えないもの

都心部だと建物が密着していたりして尚更わかりにくいんです。

ということで、入居者からあがってきたクレーム以外で特別なアイテムなしに災害を発見したのは6棟みて1件だけでした。

それもガラスのひび割れで本当に台風の影響かわからんという…。

地震だと明確にヒビがはいっていたりしてわかりやすいんですが、台風に関しては風を起因とした被害がほとんどなのでなかなかないんですよね。

瓦の物件を持っている人は台風で瓦が割れる可能性があるので、これは見る価値あるかもしれないので試して見てください。

でも何枚も割れている可能性は低いので儲けるつもりじゃなく、メンテナンスというつもりでやりましょう。

お知らせ

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

【メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績