大家さんには最低限の交渉術は身につけておくべき


大家さんにはいろいろなタイプがいるという、なかなか反感を買う覚悟で、過去のブログでも書いたことがあります。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

ところで、先日、お客さんに上手く伝えるすべを知らないスタッフが、買い進めたいけど、なんでもかんでも値切り続けられて参っているという状況になっていました。

具体的には「優先的に物件を紹介してほしい」、でも管理料は誰よりも下げてほしいし、資金的にもできることなら捻出が少なくなるように調整してほしい、当社企画ならば減額、その他の工事なども都度値切り続ける、と。

上手な投資家大家さんは既に分かると思うんですが、如何に良心的なスタンスでやっていたとしても営利企業ですから手間もかかるし、その上利益も減るような方に優先的に情報も入ってこなければ、安くなりにくいです。

せめて無情な交渉をするのならば、ある程度の規模(取引量)になったり手がかからない物件に限定してからするとより下がり易いんですよね。

そして、営業担当としては、如何にその投資家のために頑張りたくても交渉するための材料がないとうまくいきません。

これは、不動産にかかわらずですが、少なくとも私は、対価(価格設定)は手間と価値で相場がある程度決まり、そのあとは企業方針でどれくらいの利益が上乗せされるか、そして取引量でディスカウントできるかどうか、となってきます。

私も人ですので、感情で仲がいいというだけで安くしたい気持ちがないというと嘘になりますが、会社の方針の中でやっていくためには、相対的に取引量や利益率を考えた上で応じるとしか言えないところではあります。

ここで私の方針を言いたいわけではないのですが、企業はそのように成り立っていて、社員には立場もあるので、何か交渉材料がないことには交渉が上手く運ぶ可能性は低くなります。

うまくやっている人は、ここまで読んでもらうと以下のことをふと思われるのではないでしょうか。

「うちが依頼している不動産会社は自分に良くしてくれているけどなあ」と。

それはきっと、大家さんであるあなたがとても気持ちよく不動産会社に仕事をさせてあげているここと思います。

さて、こんなブログ記事を書いて、とても優しくしてくる人気の大家さんが規模が大きくなった途端、手のひらを返したようにイジめてこないか、少々怖いです。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績