物件を選り好みしなければ融資は通る?


「選り好みせず買う。」
時と場合によっては、危険な言葉です。

収益不動産プラットフォームサービスを展開しているうちとしては自然なことで、言えることは一つ。

投資成果と規模拡大にこだわって買い進める場合、物件を選り好みすることはハードルがぐっとあがります。

話はとてもシンプルなんですが、顧客ニーズに沿った提案は当然します。

でも、希望の物件だけをガンガン取得できるのって、ある意味資金調達に苦労しない人だけです。

この仕事をしていると思うんですが、大半の投資家や投資家予備軍の人が一定のポジショントークをしていて、

融資の種類

保証会社、保証協会付き、プロパー、などいったりすると思いますが、

この中で、ワンルーム系はほとんどが本人の住宅ローンの枠を圧迫するようなイメージで、資金調達しているので借り入れが5000万円が限度とか1億までとか勤め先と年収などに応じて言っている人も多いのですが、プロパーに限度はありません。

借り入れしまくれと言っているわけではなく、事業性が高く不動産賃貸業が成立するならばそういうものを通り越しても融資はおりるからこそ、メガとかギガとか色々言われている人たちもいるわけです。

で、ここで伝えたいのは、自分の歩んだ道だったり大家によっては利益につなげる方も少なくないため、自分の知っている投資分野が素晴らしいと伝えていくわけですけれど、その内容にこだわっていると、同じような物件がなく買い進めることができなかったり、当時通用した内容が通用しなくなっていたりで、結局同じことというのはできないことが大半なので、少なくとも当時の成功事例は同じ景気・融資市況がないと、成立しません。

今回は資金調達と買い進めたい場合の選び方

さて、「選り好みせずに買う」に戻りますけれど、もうちょっとしっくりくる言い方に変えると「各々の金融機関にはまる物件を買う」です。

物件の選び方で気をつけるべきポイントは以前大枠をまとめました。

物件を高買しない入居者が見込めるというのは前提で、資金調達がうまくいく案件なら取り組むというのが、規模ではなく投資成果を求める上で重視すべきポイントです。

そういうやり方をすると、結局拡大を狙った時に色々な金融機関と物件で取り組みしていけることになります。

もっとも、投資家の好みというのはかなりあって、新築が好きな人にいくら築古の話をしても商談がまとまることはなかなかないし、逆もしかり。
人によっては融資も使わずすべて現金でやる人もいるわけですしね。

あくまでも優先すべき事項がなにかということにおいて考えるとすっきりしますね。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」