買取したい不動産が通常の基準から外れていて迷った時にはどうしているのか


昨日は食事だけで終わろうと思っていたのですが、どうしてもということで話題の中洲にも出かけました。

前々から食事に誘われていたものの、コロナの影響で延び延びになったことによるエネルギーを感じつつ、所謂キャバクラに行ったのですが、大してお客さんもおらず、その状況でもマスクをつけて接客している店もあり、そもそもそれって需要あるのか微妙なところです(泣)。

プロが悩む案件の種類

さて、迷う案件といえば現地を見て考えると言う内容は過去ブログでも書いてきましたが、悩み方にも色々あります。

悩むケースでよくあるのが、普通にプロジェクトが薄利すぎるけどやるか?の時です。

こう言う時に現地を見て書面上で想定していたよりもコストがかからないとやる気になるということで、現地を見ることがあります。

今回の悩むものは、まあプロジェクトとしては薄利想定なのですが、ちょっと特殊な案件で比較的不動産業者などが好きな物件です。

ポイントとしては

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績