【インド旅行記②】カレーを食べるためだけにインドにいってみた。福岡空港〜仁川空港の乗り継ぎラウンジ編


この記事はインドにいくときの途中のまめ知識で、福岡空港以外のところから行く人にはあまり関係ないかも。

福岡からインドへは直通がないんです。

なので福岡空港からは、韓国の仁川空港を経由(トランジット)していきます。

そういうルートのせいだと思いますが、福岡発の便からほとんどが韓国の方に囲まれてインドまでいきます。

トランジットの仁川空港、第2ターミナルにて

目的のゲートまで数分以上はあるきますが、トランジットに1時間くらいあったので空港ラウンジで休憩をめざす。

よく覚えていませんが、最初にみつけたこのラウンジではダイナースクラブがつかえませんでした。

悲しみの自撮り。

アメックスは使えるはずなのに、つかえず。

これあとで気づいたんですが。ICチップのあるタイプのカード出さないとだめですね。

前回海外旅行したときはICチップのないタイプでもサインしたら入れましたが、今回の旅行ではICがあるカードの前提で暗証番号しか受け付けないサインでもいいよのどちらかでした。

すこし探索して、別のラウンジ発見。

ここならダイナースでは入れる・・・!

こちらのLounge.Lで休憩することに。



デザート類もばっちり。

Wi-Fiもさくさく。

USBポートも席ごとについていたありましたね。

右往左往したせいで、結局ゆっくりはできませんでした。

ご利用は計画的に。

プラチナカードかプライオリティ・パスがあれば結構入れる場所が多いイメージの仁川空港。
ポイントもたまりやすいので、海外に行く機会が年に回以上でもある人はカードを持っててもいいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』