金融機関担当社に放置されたときの「詰め」について


営業をたくさんしてくると多方向から色々な相談がきますが、今日は確定申告や設立した法人の節税を活かした運営の方法についてだったのですが、これは割と得意分野というか僕が経営者として好きな分野です。立場的にそういうことに詳しくなるので、そういう点ではアパートの市況に詳しい担当者もいれば、融資市況に詳しい担当者もいるし、僕みたいなのもいますので、できればやっていることの延長線上で専門的になるのがいいですよね。

ところで、まだ法人を設立したての人だとあまり関係ないことですが、脱税や買い続けるための決算をしていくというのは投資家にとって欠かせません。

こういうのは大半の税理士に相談したところで大した意味はないというか、税理士は経営の資格ではないので、そういう前提を理解しておくと変な考え方に惑わされないと思います。

ありえない担当者を詰める

さて、今日は多くの日本人が企業対企業ではビジネス上であまりしない、詰めることについて書きたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績