抵抗力!?免疫力!?時間栄養学やってみます。


年々、能力の衰えをかんじます。
でも、感じるのが早い気がします。

割と健康意識高いので、これで終止符を打てるかもしれない。

時間栄養学をやってみる

時間栄養学なんぞや?と思った方は参考までに。

要は、体内時計を遺伝子レベルで整えて、免疫力たかめましょ、コンディションととのえましょってことです。
生活習慣病の予防にもいいそうな。

かくいうわたしは、健康に気を使っている部類ですが、年々花粉症はひどくなり、風邪もなんか引きやすいという・・・。

この時間栄養学をみたときは、暴飲暴食や生活リズムのみだれといい、生活習慣病になるの必至な生活送ってるんですよね。

花粉症にかんしてはストレスフルだったときより全然良いですが、ストレスや生活習慣で抵抗力が雲泥の差なのは過去経験があるので、これはやる価値ありますね。

なんとなく感覚で、月に1回くらい薬を飲むか飲まないか微妙なレベルの風邪ひいてるので、あとで振り返ることがあれば比べることとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』