融資の追い込み時期の3月になりました。


申込以上の退去に押され苦しい状況です。
4月からの新生活に向けて退去ピークはここらあたりかなと思いながら鼓舞するしかない状況です。これからは申込の追い込み時期に入るが3月入居に間に合わない物件多数で辛いところです。

さて、3月に入り金融機関にとっては追い込みの時期になってきたことと思います。
当社でもいつになく関係のない運転資金の話しが入ってきたりするので、3月であることと不動産ローンが出しにくいということでの副作用的な行動を実感しているところです。

ともあれ3月は普段よりはどの金融機関も気合が入っていることですから狙い目です。

売主も、買主も。

売主にとっては早期売却を狙うならここで思い切ったラインを目指しておくのも手ですよ〜!
今まで売れなかったものがここで高値で売れるってことは状況的に考えづらいので、あとすこしで売れそうなら思い切りましょう。

買主も普段惜しいところで否決だった融資も通るかもしれません。

ただし融資を利用する場合は1ヶ月近く決済までにかかることが多いので、遅くとも3月上旬までに持ち込んでおかないと3月決済は厳しいかもしれませんね。
承認さえとれば取り消されることは無いと思いますが、担当者のやる気は明らかに無くなると思うので迂闊なことはいえません。

自分が興味をもつような案件っていうのはどこかの誰かも興味を持ってていずれ売れていくので、遅かれ早かれならば、早く行動あるのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』