第一地銀担当者と話してきたところ、相変わらず投資家の意欲は高いようです。


そろそろ、とっくに不動産会社の感覚は「どうせ融資通らないでしょ」という感覚になっていると思っていました。

私を含めてソソグー不動産の営業はモチベーション高めですので、基本的にやらずに諦めるということはないのですが、一般的にはやっても無駄という感覚になってしまうことはよくよく感じているので、そうだと考えていたのですが、融資担当者と話したところ「さばききれないくらいこれは厳しいだろうという案件の打診がたくさんあっている」ということでした。

これが何を指すかと言うと、まだ価格が下落するような雰囲気ではないということなんですね。

それもそのはず、小口投資などでもお金が大量に集まっていて金余りの人たちがたくさんいるんですわな。
安全線がどれだけ担保されるかエビデンスがある程度あるならば運用したい人は多いということです。

私の希望だけでいくともう少し相場が下がってくれたほうが借り入れを起こした上で大家業で飯を食べていくのに丁度いいラインの案件が増えるので好ましいのですが、地道に動いていく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』