久しぶりに風邪を引きました。


扁桃腺肥大の男が扁桃腺切除した話から早10か月ほどが経過しました。

仕事にもいけないくらいきついかも・・・と思ったのが多分6か月ぶりくらいです。

たまに風邪っぽいかなと感じたことはありましたが、大体無理せず睡眠を取っていれば回復していましたからね。

以前は月1回で高熱を出していましたが、そう考えると半年に1回くらいまで減ってるやん!という喜びはあります。

しかも、高熱が出ません。

今回も連日長引いてはいるものの、熱もMAX37度台です。菌をちゃんと殺せていないのか何なのかわかりませんが、自宅勤務はできる程度の気力はあります。

以前は39度近い高熱はザラでしたから、とてもじゃないですが生きているのが辛いレベルでしたし、唾を飲み込むのも勇気がいるほど扁桃腺が腫れていました。

今回も一応喉が痛かったので咽喉科に行きました。

ドクターは「これは痛いでしょう、すごく腫れていますよ」と・・・。

正直、絶望を過去に知っている私「まぁぼちぼちです。」という感じです。

未だにあの手術の痛みは味わいたくはありませんが、やった後悔は一つもありません。

未だに、手術が終わった後に「一緒にやればよかったね。」と言われた鼻にあるアレルギーカットの手術が気になります。(アレルギー性鼻炎で度々鼻声になるのです)

当面は怖くてチャレンジできませんが、あまり酷いようならまたやらないとな・・・。

そういえば、手術後しばらく喉に違和感を感じていましたが、それもなくなりましたし声が変わったということも言われません。

ありがたいことです、健康が一番!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』