知識も取り入れてダイエットを継続「脂肪のつく順番と落ちる順番」


以前、ある程度デブのときから10キロダイエットして体重を落としたんですが、そのときは体重に露骨に反映したので続いたんですが、ある程度体重がおちてあと腹回りの脂肪が最後浮き輪っぽくのこってるわけですよ。

これは削ぎ落としたいんですが、ちょっとダイエットしたところで効果が見えないので続きにくい。

そこでダイエットがいまいち続かない人は成果が見えないから続かないと思われます。
体脂肪のつく順番とじれるなんて、ちゃんと理解してダイエットしているでしょうか。

「ちょっとお腹に肉がついたから・・・ちょっとダイエットして戻す」と言うことを聞いたことありますね。

でもこれって正しくなくて、脂肪のつきやすい所があるのと、落ちやすい順番っていうのは、じ・・実は比例していません。

さらに女の子から聞く言葉ですが「太ったら胸が大きくなって、痩せるときは胸から一番はじめにに痩せてしまうって他は痩せにくい・・・」というのを、よくききますよね。

デブになって胸が大きくなったなら、痩せるのと合わせて小さくなるだろって普通思うんですが、中途半端で終わると残念な体型になってしまいます。

脂肪がつく順番

お尻→腰回り→お腹→バスト→太もも→肩や腕→ふくらはぎ

腰から胸にかけて太ります。

脂肪が落ちる順番

ふくらはぎ→肩や腕→太もも→バスト→お腹周り→腰回り→お尻

これなんですよね。
胸が痩せたのに腹も腰も太いままで痩せた実感がないわけで、間違ったダイエットしてるんじゃないかとか思っていますが、重要なのは最初にお尻と腰回りについたから痩せようと思ったら、他の部分の脂肪が落ちてからじゃないとお腹とか腰まわりの脂肪はおちないということです。

人によっては、お腹のお肉を落とそうとしただけなのに胸だけ小さくなったと感じる人もいるんじゃないでしょうか。

一番気になる部分まで効果がでるのは、他の部分の脂肪を落としてからです。

それを知った上でやると、段階的に痩せているのがわかるのでダイエットも続くと思います。
わたしもすこ〜しずつ、お腹の肉が減ってるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』