金融機関も融資はざっくり検討 / 感覚が優れていることは不動産に活きる






右往左往しながらようやく本格的に商談が進むことになったとある物件の話。

概要書、レントロール、地図、希望の事業計画書、周辺施設マップなどを送付して、押し問答して、こういう計画なら本部と戦って承認を取ってくる、ということで、うっかりそのまま進むと思いきやここから本格的な審査が進むことになった。

いざ本格的に融資を進めるにあたって別途書類が改めて必要というのだが、この支店回答とその合意までですでに

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績