管理まで依頼する不動産会社は慎重に選ばないといけない


ここ数日は仕事(会社)とはコツコツやる、真面目にやることの重要さを感じています。

というもの三為業者と言われる不動産会社(三為そのものは悪いものではない)の多くが今はスルガ銀行の融資がしまったことでかなり縮小し経営自体も傾いているところが多いという話を聞きます。

このモデルって営業力もかなりいる業種なので、まともな事業モデルにしても生き残っていく力はあるはずなんですが、どうにもそういう単発で誰かから搾取するという高利益モデルから脱却できずに、社員も減っていきジリ貧になっているようです。

まあ方向転換したところで社員の稼ぎは下がる可能性があるので、それなら辞めると言わんばかりにそうなってしまうのかまでは確認していませんが、数年前と比べると随分と状況が変わってきています。

そして、そういう会社がどうなっているかというと大きくなったものの経営が安定していなかったプレストサービスはアパマンに買収され、そのほかでも家賃が送金されない会社だったり、はたまた管理や工事から高額な利益をとってなんとか食いつなぐということになっています。結局どこまでいってもこういうスタンスの会社はどこまでいっても危険だと思いますが、利益率が高いことは違法ではないので、もうこれは気をつけるしかないと言うことになります。

ひどい話だと社長がまだ若いのになくなって会社が倒産し、給料未払いになっている人から話を聞きましたが、コンビニに電話して店長宛にアポイントをとって売るといったようなやり方までしていたようで、亡くなったという話も理由は気になりますが、まともではないですよね。

ネガティブな話題にフォーカスするとどんよりしてしまうのですが、僕がなぜこういう(コツコツ取り組む)ことをふと思ったかというと、ちょうど今日は買取・再生・売却まで考えても数十万円〜の利益しか見込めない案件の買取(小規模)がちょうど昨日決まって、人件費や事業リスクとのバランスを考えたときに単体として見れば会社の利益が上がるプロジェクトではないんです。

だからといってどうにかして割高で売るとかでもなく、剥離だったとしても実績だったり取引数という形でスケールを出していくことは長期的にみれば必要だろうという判断をしてのことです。

そうやってコツコツやっているのですが、やはり僕は初心忘れるべからずやるに尽きますし、不動産投資家としての初心者も奢らず焦らずコツコツやっていくことがリスクヘッジにもなりうると言うことです。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績