あの団地再生物件がついに満室となりました!


長きに渡って取組んできました団地マンションの再生プロジェクト。

取組んできたことはかいつまんで我が社ソソグー不動産のホームページに公開したのでそちらを見て下さい。

退去予定が現時点でありますが、一旦満室になったということで書きましたが、まさに「ローマは一日にして成らず」です。

いや〜、本当にしんどかった!笑

想定外の出費が多いことは辛いことですが、その状況でいて入居がなかなかスピーディに決まらないというのももどかしい点でした。

福岡市内で、それも郊外系の物件なんですが、この郊外のファミリータイプのいいところは、とにかく入居者の入居期間が長いことです。

それってどういうことかというと、入居する人も少ないということなんですよね(笑)。

比較的大規模な再生をしたのは初だったので、入居が決まらない中で多発する水漏れ・・・入居が決まるたびになぜかテストでは問題なかったのに配管が破れるようで、1部屋入居する=100万くらいかかるようなイメージでしたよ・・・。

そこでグッと堪えつついろいろやるというのがなかなかボディーブローのようにききました。

言い過ぎとはいえ「ローマは一日にして成らず」といいたい。

まあ、本件だけでローマとまではいかないけれど、古い物件でもうちが言っていることは信頼できるとか、他の会社からも提案されたけど計画がうちのほうが良かったとか、そういう声をちらほらいただくようにもなってきているので、築古再生・管理をやっているとどうしてもクレームなんかも多いのですが、引き続きこのオリジナリティは強化していきたいと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」