金融機関の忘年会に参加してきました。


一日一善ののりで、ほぼ毎日数件の購入申込みをしたり、価格査定をしたりしています。

このような市況とはいえ、やはり動くところでは動いているし、1月は落ち着くだろうと思いつつ、12月を突っ走っております。

金融機関の支店忘年会に参加

さて、ありがたいことに某金融機関の忘年会にお呼ばれしてきました。

それぞれの担当者が2,3人の顧客を招待するというような格好で、融資取引がそれなりに豊富なところを呼んでいるようでした。

今回こういった顧客を交えた忘年会というのは初めてだったようなのですが、うちと圧倒的に違ったのは上下関係が徹底されているさまでした。

ソソグーでは良くも悪くもフランクなので、なんというか今回の姿を見ていると企業戦士というか超ビジネスライクというか、、、肩の力が中々抜けないだろうという気もしますが、それはそれで組織として一定の方向を向いているのは好ましいと思います。

ところで、今回は第二地銀なんですが、気になるのは融資額ですよね(ニンマリ)。

お酒も入っていることだし、お呼ばれしている会社でどれくらい融資しているのか、どこの誰がいくら、とはいわず質問を投げかけたところ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』