エリア建築ノウハウは重要 / ハイエナ戦略はやっぱり有効


こんばんは、今日も怒涛の一日でした。

その中でも1つ問題があって、建築の竣工(完成)が遅れてしまうということです。なんと、確認申請までたどり着く直前で、ちょっと属人的な業務でノウハウが不足していることから、それをクリアするのに急いでも最低1ヶ月はかかるだろう想定で、その分スケジュールが伸びそうです(泣)。この場を借りてお詫びします。。

普段のこのワタクシめの熱量と、価格を相場よりも安めに融通するところで何卒・・・といったところなのですが、確実に、着実にノウハウを構築していっています。これから築きあげていく中で不慣れな建築士などもいますので、その中でも会社としてノウハウがあればそのような事態はかなり高い確率で回避できることばかりです。

なので、属人的な業務とはいえ会社として成長していくつもりです。

ハイエナ戦略はやっぱり有効

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』