財布を失って自分を知り、変化する


こんにちは。財布を失って自己を省みて、今日はクラッチバッグで通勤しましたが、なんと、ハンサムボーイになった気分ではありませんか!

思わずスキップする気持ちを抑えつつ、軽快な足取りで動きましたが、今の自分の環境に最適化できる立場(えらいとかではなく全然の業務が減って会社じゃないとできないという仕事があまりない)にあると、むしろそれに合わせて持ち物などもアップデートしたほうが、人生の質があがりそうだとなんとなく感じています。

でも、遠方にいくときは間違いなくまた元どおりの戦闘力高めの格好になるだろうと、ふと思ったのですが、これは僕のロールプレイングゲームのなにが起きても基本的にクリアできる状態にしつつ前に進む戦略を取りがちな性格がモロにでてしまっているようです。

これはいい気付きでした。リスクテイクしているようで、リスクヘッジ強めなんだと思いますし、それがアドバイスを受ける投資家にはいいのだと思います。

こと会社経営においては、自分を客観的にみつつリスクテイクしてみたいと思います。

なお、荷物量に関してはまだまだ直感段階なので、どこまでミニマリストとプレイングマネージャーCEOが両立できるのか、やはり自らを果敢に変化させつつ、実験してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』