借り入れをする際に、本人(属性)の超えられない壁


おはようございます、ソソグー帆足です。

再生案件が増えすぎて、これが生業なのに空室が早く埋まらないかともんもんとしている日々を送っています。これぞオーナー心理。

超えられない壁

綺麗な属性、例えば年収700万円、30代、大手日系企業勤務、新卒から転職なし、預金1000万円、綺麗ですよね。

物件と金融機関がマッチしてればすっきり融資が通るような属性です。

こういう方との案件の相談を社員から受けていて、具体的な話はかけないんですが、もちろんこの方は少し前から取引していてもうだいぶ買ってもらっています。

そうですね、例えば2億くらい。

この融資市況もありますが、このあたりからギャップが生まれてきます。

明確な基準はないんですが、「年収700万円の人が2億規模も投資してたらもう十分やろ」といったような見方です。

年収1500万円だったら3,4億とか、まあ例えばですがそんなイメージです。

こういうある程度お腹いっぱいになったあとに打破していく方法もありますが、まあ普通の流れとして、自己資金を多く入れることになります。

なので、今回もその買主からは「最初と違って融資が満額出ないのは物件に問題がある」と思われがちなのですが、実際は金融機関からの目線で借り入れ過多と思われています。100%じゃありませんが。

なので、物件価格が下がっても、結局自己資金は同じくらい投下することを求められたりもします。

これは仕方ないことで、1億の物件を買っても金融機関の内部評価はたった3000万円しか出ていないということなんかザラで、7000万円の信用毀損になっています、という話が当たり前にあることです。

ここだけみるとそうですが、耐用年数通りの積算評価なんかは金融機関のほとんどが採用しないので、内部的な評価が足りないからいいとか悪いとかは関係ないと思ってもらったほうがいいです。

そして、ケース・バイ・ケースにはなりますが、超えられない壁というのがそこには存在していて、一定のペースで買い進めるには物件の発掘だけではなく、買い続ける買主としての属性を保持する必要があります。

やっぱりファンダメンタル・バリューを磨き続けるしかないと、そのためにできることは何か、そういうことをいつもお客さんと話していってます。理解してもらえない(しようとしない)ことが多いけど(泣)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』