季節と自然の和洋折衷コースを愉しむ【SHIBU nishinakasu】


フレンチ出身のシェフが提供する和洋折衷のコース料理のお店。
会員制のような雰囲気の佇まいのお店で、目立たずかつシックに洒落た店内・・・少々敷居はお高めです。

行く機会があったので、レポ。

コースメニュー

8,000円のコースということで、その金額から考えるととってもボリューミーな内容です。

ドリンクもアルコールで一杯1000円前後くらいから〜ですが、ペアリングコースもあって、確か5,000円と8,000円で4,5杯飲めます。
なお、ペアリングといっても飲むペースでごくごく飲んでいくと、全然料理とペアにならない可能性があります。

最初はシャンパンで、後味すっきりの大人向けで料理とも合うようなシャンパン。

そうしているうちに、一品目はこの「どんな皿やねん!!」と思わざるを得ない器にでてきます。

ここに可愛い白子ちゃんの天ぷら。
ぷりっぷりです。

つける塩を4種類選べるのですが、迷います。
予め決めておきたいくらいに。

最中の皮に包まれたレバーパテ

お酒がススムくんです。

シャンパンは早々に飲み終えて、次は白ワイン。
ここまで透き通った白ワインはお初です。

高いペアリングコースの白ワインです。

どうやらルイ・ロブションという人のセレクトで、有名なものらしいです。
私はワインには詳しくないのですが、美味しいことを気持ちよく語らっていたら、ついつい色々話してもらい・・・細かいことは残念ながら覚えておりませぬ。

コメントしたらきりがないのですが、前半の和洋折衷フレンチは本当に魅せ方から凝っていて、自然とお腹までいっぱいになってきます。

トリュフの香るスクランブルエッグ

これもうまかった・・・。
思い出しながら今、またこれを食べたい。
トリュフの香りがたまらんとです。

お口直し。

これ、サラダね。
花まで香りながら食べてやりました。

ここで赤ワインです。

料理がお上品なのでペースもゆっくり目にいただいております。

鶏の手毬寿司。

大根おろしを、最高の醤油でいただく・・・。

中々にオツじゃないでしょうか。

焼き鳥のラッシュ

ここから、焼き鳥のラッシュに入ります。

もうある程度満たされていますが、ダメ押しのようにここで重たい料理になります。

そしてお口直し

ここで次のペアリングワインへ突入。
柑橘系のワインで、あっさりした料理とあいます。

と思っていたら、シャレオツなあっさりコースがもどってきます。

そしてラストのペアリングアルコールドリンク。

日本酒でした〜!
栃木県で作られている海外の一流レストランにしかおろしていないせんきんという日本酒の最高峰のもので、日本ではここだけらしいです。

すっきりフルーティでごくごく、すぐに飲み終えました。

なお、裏メニューもあって、このあと〆を食べることもできます。

総括

焼き鳥の途中ですでに満腹で、少量のコースがあるとなお嬉しいのですが、このお店の佇まいから考えると、単価を落とさず満足させるというものですね。

お酒まで入れると一人あたり2万円前後くらいのお店です。
庶民感覚が抜けないワタクシめは、そう何度もいく類ではないのですが、記念日やちょっといい日に行くのもいいでしょうね。

男同士できている人もいました。

30品のコースを愉しめるエンターテイメント感もあり、焼き鳥などの鶏料理も楽しめるってことで、県外からくる方もいいと思います。

月ごとにコース料理内容は変わるので、またどこかで行ってみたいところです。

【おすすめ度】
★★★★★

【SHIBU nishinakasu】
〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲5−17
HP:https://refjapan.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』