これだから不動産業界は嫌になるんだ!


プロにはめられちゃいましたよ〜。

このブログ記事は、「やっぱり不動産は信頼出来るところ以外から買うこと自体がリスクヘッジになる」という内容です。

出来事

かいつまんでさらっといきますが、今回は買取したアパートには隣に駐車場があって、このアパートの入居者はその駐車場を借りていたんですよね。

この物件と駐車場の所有者は一緒だったんですよね。
複数の入居者いわく、どうやら借りるときは敷地内駐車場と案内されていたとのこと。

こういう場合は広い駐車場とセットで売却するのが本来正しいんですが、そうすると売当然利回りは下がりますから、収益物件としては売値が下がりやすくなります。

そこで、今回のこの不動産屋は、駐車場を残したまま、アパートを先にうり、売れた後に駐車場を売るという選択をとったわけです。

駐車場を追い出される入居者からのクレームでそれが発覚したんですけれど、「駐車場とセットで借りたはずだったんだから立ち退き料を払え」と入居者からクレームがあったので、この不動産屋に、すぐ売らずに立退き勧告をやめるか、ちゃんと代わりの駐車場を探すなり保証しないと揉めるから、売主に話してほしいと伝えたんです。

ところが、この不動産屋、適当にいなして対応するふりをして全然対応しないんですよ。

挙句の果てには「売主に訴訟してもいい」と・・・。

電話番号を調べて、経緯を確認したところ「何もしらない。不動産屋の言うとおりにして、その土地はアパートのあとに不動産屋に買い取ってもらった」と言ってるじゃあありませんか!

・・・。

まあ、『隣の所有者』や『それを売るかどうか』まで、しっかり調査していればよかったんですけどね。ここで自分や社内の担当者(身内)を責めルノも大事ですが泣き寝入りと一緒なので、この悪い不動産会社に訴求してみます。

ともあれ、これが仲介じゃなく、一度自社で抱えたあとで本当に良かったと思ってます。
感謝されない取引が一番きついので、やりたくないんですよ。

いくらかのお金は家賃を稼げばまた取り返せるし、利益がなくなったと思えばすみますけどね。

この業界は魑魅魍魎ばかりです。

こんなことをする奴らがいるから不動産屋と堂々と言えないんだ・・・(泣)。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」