あぶねっ!レオパレス21の物件に融資がおりました。


レオパレス21の物件で、どうなることかと思いましたが、いちおう融資とおりました!

ただ、融資の組み立てが得意というには程遠い成果でした、、(泣)。
なんと自己資金を60%以上うちいれするという結果で、返済年数も短いです。

他にも候補はあったのですが、再生販売予定の不動産となるため、色々と諸事情もあって極力お客さんが買うときに融資を使う可能性が強い金融機関は使いたくないんですよね。

この融資の結果は、レオパレス21の不動産に融資はしたくないし、評価はできないという前提で、更地にしたときの担保評価をガチガチにみてとりっぱぐれのないラインでの融資ならしますよ、とそういう厳しいラインでの融資となりました。

自社で販売できる物件は今、自己資金を少なく出来ることもあって有効です。
いい数字の物件を仕込んでいくためには、少しでも借入でやっていかないといけませんからね。

次は、空きだらけのお部屋の再生です。

ビレッジハウスめ・・・!と、ビレッジハウスは関係ないのですが、ファンドの潤沢な資金でチート的に万という戸数の大家になったところをみると少々感じるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』