【インド旅行記⑥】インド現地カレー3軒目ピンチオブスパイスへ。インド鉄道に初乗車〜夜行列車で最強の家族とトイレにも出会う。


なんと、下書きして全然公開していなかったインドでのカレー三昧記。まだ途中なので、なんとか最後まで一気にかきあげたいのですが、現在のスケジュールだと1日あたり1000文字程度ずつしか公開できないのがもどかしいです。

さて、今回書いている日の予定としては以下で、今2日目です。

1日目  福岡〜仁川  仁川〜デリー  夜ホテル着  カレー①
★2日目  タージマハル観光  ランチカレー② ディナー 

前回のブログ記事で書いていましたが、カフェで雑務を終え、これから夕食です。

19時半に夜行列車に乗るのでアグラ滞在もそれまでの時間です。

インド2日目の夜ご飯はアグラの【Pinch Of Spice】へ。

GoogleMapでの評価がとても多く、また評価は高いです。

着くとテレビに出てきそうなダンディなインド人がお迎えしてくれます。

髭とターバンがお似合い!

高級感もありつつ、カジュアルなスパイスレストラン。

客のほとんどは外国人客で、価格設定も高めです。

一般店よりは高級な感じで観光者向けという印象。

価格はざっと1.5円を掛け算して貰えれば、概ね日本円での金額になると思います。

一品アタリ5,600円〜という金額ですので、日本に比べるとリーズナブルで食事ができることは事実ですが、豪遊できるような感覚ではありません。


注文したのは、

  • ベジスプリングロール

  • タンドリーチキン

  • チキンビリヤニ

ひとつひとつが一品料理としてそれなりの量があるので、色んな種類を食べるには複数人以上でわける必要があります(泣)。

食後にハーブの効いたラッシーに、お口直しのナッツ、スパイス類も出てきて、それらもどこか品の良さを感じます。
ワインも1杯だけ飲んで、合計2000ルピーくらい(3500円程度)でした。

正直食べきれませんでした(泣)。

ここまで振り返るとインドは全体的に食事は美味しい気がしています。もっともカレーしか食べてないんだけど。

さて、夕食が済んだのでバラナシに行くためにこれから夜行列車にのります。

現地時刻で20時30分発の電車に乗るべく、トゥンドラ駅へ!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」