今後の不動産投資どうすべきか。福岡の魅力である金融機関がへっている。


福岡には金融機関が多い

このブログを読んでいる不動産投資家は既知のことと思うが、中福岡は主要都市の中でも金融機関が多いことで有名です。

福岡在住のアドバンテージというのは不動産投資においてかなり優位であると考えても過言ではない状況だったわけです。

ところが、昨今の事情からそうでもない方向になっていっています。

金融機関が如実にへっている

ちらちらっとかきましたが、事実として減っていっています。

あと少しで3つの別々の金融機関が1つになってしまう・・・。

金融機関が2つへるって、不動産投資で金融機関の開拓を自ら行ってきた人にとっては板でとなりうることはいうまでもない。

福岡の某信用組合が統合しますね。

十八銀行と親和銀行の統合も決定。

信用組合にしろ親和と十八銀行にしろ、痛いのは収益物件融資をそれなりにやってきた金融機関であるということがつらい事実です。

合併は既定路線とはいえ、選択肢が3つも減ってしまうことがきまったわけです。

うちがよく取引する金融機関ももちろんありますよ…泣

統合とM&Aによりますますへっていくが…

しばらく前から金融機関は生き残りをかけて統合していくというのは規定路線でした。

不動産投資をするものにとってこれは何を意味するかですが、選択肢が減るというのはもちろん規模の拡大をするときにとってもネックになってきます。

融資はその人の総借入などみつつ判断するものの、5行で10億と1行10億の借り入れであれば、前者のほうがはるかに難易度は低く、金融機関は信用が多少あっても一人に対してたくさんのお金は貸さない。

それは貸す側としてのリスクヘッジとして当然のことで、担保がとれている取れていないにかかわらず避けられない壁となります。

そのときに、金融機関が多い福岡ではたくさんの金融機関に協力してもらうことで規模の拡大を狙っていけたということになるんですね。

シンプルに平均で1行1億円の可能性としても、3億分は減ってしまったというわけです。

しかももう増える方向性はみえないので、待てば流れが変わるというわけでもありません。

新しい形もきっとでてくる

とはいえ、不動産投資やそれ以外でもニーズがあれば何かかわりのサービスが生まれてくると考えています。

たとえばソーシャルレンディングなどもその一つですよね。
個人からお金をあつめてプロジェクトごとに投資するってイメージですが、そういう銀行の代わりに位置するものがでてきます。

ただ、現時点でいえるのはソーシャルレンディングやクラウドファンディングのうさんくさいものに簡単に投資してはいけないということです。

いかにも安心をうたったPRをしていますが、知人でお金がゼロになったという声もきいていて、利回りばかり大きく書かれていますが、事業主が飛んだりそのプロジェクトが失敗したら期待した利回りはかえってこないどころか、元金すらもなくなるというリスクもあるわけです。

自己判断とはいえ、コツコツためたお金が一瞬で消えるのはつらいものです。

リスク=リターンの加減を考えていきましょう。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績