話題のclubhouseにサインアップしてみた。






この僕は、残念なことにSNSを使いこなせていないタイプであり、ビジネス的に見ればよろしくはないのだが、人としてはSNSを頻繁に開かない方がQOLが向上する自覚がある。

新しい技術などに興味はあり、その中でも生活の利便性向上だったりするものはまず使ってみようという考えはあるのだが、Twitterなんかは少し使ったことがあるもののそれもこの数年で、結局今は週に10分も開いていない。

これは反省すべき点なのだが、情報は公開するスタンスでブログにもこれだけ書いているのにもかかわらず、Twitterは使わない(なんならInstagramも最近少ない)、もちろんFacebookもあまり使わない始末だ。

いわゆるマーケティングというやつでは、これらを使わない手はないのだが、僕がこれらに抵抗があるのは、単にめんどくさがりなのか、自意識過剰なのか…

とはいえ、先日今話題のclubhouseに招待いただいたので、サインアップしてみました☆

生活を便利にするアプリだったり、新しいテクノロジーだったりは大変興味があり、僕の中でclubhouseは完全にSNSだったし、YouTubeのような動画サービスよりもブログなどの文章でぱっと読む方が好きなので、何も知らないのも行けないけど「招待して欲しい」などというと、また使う必要性なんかが出てきて少々面倒だと思っていたところ、久しぶりの知人が人知れず招待してくれていたのもあり、しれっとサインアップすることになったわけであります。

僕がここで説明することもないのだが、このclubhouseというアプリは今のユーザーが二人までしか招待することが出来ない仕様になっているので、選ばれた感じがまた参加者を増やしていたり、このclubhouseを利用したビジネスを展開しようとclubhouseでのインフルエンサーを目指している人たちが積極的に利用しているような状態のようです。

アプリの仕様としては、参加ができるラジオのようなイメージで、

  • 会話データは基本的にアプリ内では記録出来ない

  • 誰が話して、誰が聞いてるか、誰でもわかる

これに関しては、人が集まっている『room』ではアイコンの中から探すことになるので、リアルタイムで誰が聞いているのかまで調べるのか疑問ですが、少なくとも他のSNSのように見ているが見ていないフリは出来ないというのは、他のSNSとの大きな違いです。

  • 参加者は本名が多い(招待制なので裏アカウントなどで荒らす人が少ない

ちなみに僕はというと、サインアップしてからログインするまで数日放置してしまった上に福岡市長の高島氏のトークを少し聞いただけという状況で、どうもピンとこないものは話題性があってもスルーしてしまうようです。仕方ない、時間は有限。

他のアプリとの違い

面白いと思ったのは、普段会話をしないような人たちが会話できる可能性があることです。

それでも僕のようなタイプはこれまでと変わらないし、これまでもSNSでも同時に複数人でトークするような機能はあったわけですから、気軽にトークショー的なものが開けることとと、隙間時間でトークショーとか会話に参加できるという点がどう人たちに普及するのか。

そういう点では、知らない人と不動産投資の話をしてもつまらないのですが、知人の知人くらいまでの範囲で気軽に話しつつ、そういうものが他人も聞けると面白いのかもしれませんね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績