エクセルマクロ利用を避けられずMacにBootCampでWindowsOSをインストール


Macですべてのマクロが使えないわけではないのですが、イマイチ互換性がなかったりして使えず、WindowPCも持っているのですが2台使いは場所を選ぶのでNG。サーバー環境でのものも安いものはおそすぎて話にならないし、いつも使うわけではないのでNG。

メモリ増設したMacだったので、Macにインストールしたほうが一番ええやんってことで導入。

取りあえず、Excelのマクロ環境があればよかったので、10年くらい前に買っていたWindows7を使って導入。

懐かしいです。
7年前相当スペックが低い発売当初のMacBook AirにこのWindows7をいれたんですよね。

今回は以前にくらべてだいぶやりやすくなっています。OSそのものもダウンロードできますからね。

必要なもの

  • インストールするWindowsのOS
  • USBメモリ(クラウドサービスがあればなくてもOK)
  • 外付けハードディスク(これもなしでもしようと思えばできます)

MacにWindowsをインストールする

BootCampを使ってのやり方はAppleが説明してくれています。

ところが、Windowsバージョン10以降じゃないとインストールできないとでてきます。

別のサイトだったり記事で、Windows7のインストールできるという話だったが、最近のMACのバージョンではできないそうな。

検索でだいぶ時間を無駄にしました…。

以前に比べて選択肢も減ったようで、MacにWindowsOSをインストールすること自体はものすごくシンプルな操作になりましたが、Windows10を買わないといけません。

ありがたいことに、今やAmazonですぐに買えるんですね。

17,600円弱で買えることに感謝。オンラインコード版を買えば即手に入り、買ったあと認証コードの通知が送られてきます。

Windows10のソフトウェアは公式からダウンロードできます。

Windows10のインストール完了後

WindowsとMacの切替方法

以下の記事が参考になります。

【BOOTCAMP】Mac⇔Windowsの切り替え方法

ですが、どうやらこのブログ記事を書いた時点での最新のOSでは、Windows→Macへの切り替えはできないようです。
その場合は、PCを再起動して、立ち上がる前の画面が黒い状態でoptionキーを押し続けると起動OSを選択する画面がでてくるため、そこで切り替えます。

『かな』『英数』キーを有効にする方法

個人的にはなれるとMacのキーボードの方がとても使いやすいです。
が、キーの調整を行わないとMacとWindowsのダメなところ取りな感じになっていて、とっても使いにくいので調整します。
この作業をしないと、なぜか文字変換がcapsキーの場所になっています。

キーボードアプリがGoogleの場合はこちらを参照。

Ringo Master
Ringo Master
Mac・iPhone・iPadなどApple製品全般の使用方法・トラブルシューティング方法を独自の視点で紹介

でも、applekeyboard(テンキー付き-JIS)が必要で私は断念しました。

ということでしぶしぶデフォルトのIMEでトライ。

言うとおりにしてもならない…。
これも新しいOSのせいなようです。

でもこの作業は無駄ではなく、追加作業が必要です。

よし、これでようやく・・・

と思いきや英数ボタンを押してもカタカナ入力に変わるだけです。シフトを押しながら英数をおせば英数入力に切り替えられるのですが、手間ですよね。

ということで、以下を参考にもう少しだけかえます。

これでようやくタイピングがまともに出来るようになりました。

Googleキーボードでもできました。
こういうことしていると慣れで設定方法が自然とわかってきます。

左CommandキーをWinキーではなくCtrlキーにする方法

コピペでよく使っていたCommandキーがWinキーになっているんですよ・・・。
それの変更。

下記の通りにすると、左のCommandがctrlキーとなり、右のcommandキーはWindowsボタンになります。

その他

「ファイル名を指定して実行」を起動する方法

これ、ちょいちょいでてくるので、忘れないためにメモ

マウススクロールを逆にするのは必須

MacはWindowsとスクロール上下で動く画面が反対なので、それをMacと同じにかえます。

FlipFlopWheelの値を0→1にするだけでなく、マウスパッドの操作も逆にしたいため、FlipFlopscrollも0→1にする。

ブラウザでiCloud

Appleユーザーは、メモ帳やリマインダーを活用してると思うので、ブラウザでiCloudを使うことで、Windows環境でも遅れをとらないようにします。

これでBootCamp利用中でも、一時的なメモの共有だったりリマインダーが使えます。

だいたいこれで、ストレスがほとんどなくWindowsPCとして使う準備が整います。

結構手間ですが、2万円程度でWindowsPCも一緒につかえるので個人的には満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』