太陽光発電の固定収入は魅力 / 金融機関の評価


太陽光での投資といえば、数年前に税制メリットもあり少なくとも経営者や投資家のなかでは一世を風靡していました。

というのもアパートやビルの屋上だったり、田舎の価値のない土地でも電気を引いてくることができて、かつ日当たりがよければ安定した運用ができるからです。

安定した運用というのも、国の制度によて電力を10-20年固定金額で買取してくれるというもので、故障などのリスク以外はかなり安定した商品となっています。

多くの金融機関は不動産と違って担保が取れないので、信販系の会社が主に融資をしつつ、一部の金融機関で不動産とセットの場合に融資をしていました。

僕もそのような黎明期あたりに検討していたのですが、自身の属性と借り入れ枠を考えた時に担保価値が取れない太陽光へはしないという結論を出し、結果的に手を出さずじまいでした。

なお、紹介を希望する投資家と太陽光発電の設置会社とのマッチングはやっていて、融資を含めたサポートはしました。

やはり評価してくれない金融機関はいまだに多い

やはり数年経って固定買取期間が余っている太陽光発電はやはり

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績