家賃補助の支援策に期待


ゴールデンウィークということでなんとなく休みをとっている人は多いかもしれませんが、コロナウィルスによって実家にも帰れず、テレワークの延長でそんな感覚すらなくなっています。

まあ、もともと人が休むときこそ働くというのが僕の生き方なので、いつもどおりであるということですね。

今日の気付きといえば人は如何に環境や方針などによってやるべきことがあることで合理的な行動やタスク処理をすることができるということです。

かならずしも全員がそうではないかと思いますが、今までのルーティンと違う状況になるといまいち手持ち無沙汰になり、「あれ、こんなに生産性低かったっけ?」と思う人も少なくないのではないでしょうか。

家賃補助がなされる可能性

さて、緊急事態宣言で休業要請先に限定して家賃補助が受けられる制度は市町村によってあったりしたのですが、それら以外(休業要請先以外)の業種などにはありませんでした。

店じまいしようとしている人は、この休み中にもたくさんいるはずなので、この情報がニンジン(希望)にするだけなのかは非常に大きいです。

休業要請先以外でもかなりの会社が影響を受けており、僕はそれに関して危惧していました。

というのも、もちろん次はテナント系の不動産オーナーまで資金繰りが悪化していくので、これはまず重要です。

そして2つめは、家賃を払えなくなって(なりそうだから)退去した場合、いよいよ経済活動が再開したときに、再開まで相当に時間がかかることになります。

これは非常にダメージが大きくて、その場所で同じサービスをするにあたってもまた開業資金が必要で、集客してきちんと営業していけるようになるまで多くの人がそんなに簡単に実現できることではないためです。

もともと緊急事態宣言が解除されたところでコロナ禍での客足がV字回復するわけでもないですから、この補助金が実現されることで、延命される会社は格段に増えます。

セーフティ融資、持続化給付金、雇用調整助成金、これに家賃の補助があれば相当救われます。
あとは経営者の素質次第になりますが、かなり救われますね。素人でもわかりやすいくらい、あとは売上だけなんとか少しでも粘るか、なくても耐える体力が何ヶ月分用意できるかですね。

不動産投資家のみなさんも声を大にして求めていきましょう。自粛するためにもこれは必要です。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績