それってどうなの!?管理条件付きの仲介がふえています。


不動産投資をしてて不動産オーナーなら1度はみたこともあると思います。

そう、管理条件付き

管理条件をつけることそのものには問題ありません。

管理条件付きっていってもさ

基本的には条件をつけても構わないのですが、自社が売主もしくは売主に承諾してもらうべきなんですよ。

自社で販売する物件はもちろん問題ないけど、売主が知らないところで勝手につけるというのは問題です。

デメリットになりかねないですからね。

管理任せてもいいけどさ

100歩ゆずって管理を任せるとしよう!

ポテンシャルの良い案件ならば、管理会社にはこだわらない。それもひとつの選択です。

偉そうに言ってますが、管理はできればしたいですからね。

管理の内容がそれなら売主に影響がでちゃうよ

管理料だけでなく色んなサービス料だったり、搾取モデルの管理しているところ。

それじゃ売主もいい金額で売れませんよ…。

だって買主それだったら買わないもん。

どういう条件かというと、具体的には入居率がたかければ原則解約できず家賃1ヶ月分とか管理料の2年分!?とか

管理料だけならまだしも、変なサービスに加入必須とかもあったりしましたね。

もっともこれらは必ずしも認められるわけでないのですが、ごねれば長期的にもめる可能性があります。

管理会社によって大きく経営の利益が変わるのはよくある話です。

不動産投資は買ったあとの選択も大事ですので、戦略的にいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』