築古物件のリスクヘッジの一つに火災保険は有効です。


入居中の居室からいよいよ退去が増えてきました。
基本的に1ヶ月前予告での退去になるので、現時点での退去は3月中旬です。
この引越しシーズンに入居者を迎える場合、3月半ばではギリギリです。
2月末以降が本当に毎年しびれます。

今日は築古物件にびくびく脅える人のための記事です。
丁度、寒い時期で凍結の影響が想定される日々が続いているので事例に基づいて話すと、築浅案件は配管もさほど劣化していないので寒さの影響で配管の凍結なども発生することは稀ですが、古い物件は外部に接している部分であったり、既に劣化している部分の配管が凍結して盛大に水漏れしちゃったりするわけです。
一発で数十万円の工事にもなりうるので工事を行う側も慎重ですが、築古案件は相当にノウハウが蓄積されてきているので保険適用できることも多々あります。

火災保険の良いところは、再調達価格での保険だということです。
自動車保険なんかは事故時の車の修理は時価での評価に基づいた保険金計算になるので、古くて価値が一般的にないような車が事故でこわれたといっても対してお金なんておりやしません。

お金が関わると人って恐ろしくて、何故かパートナーであるはずの管理会社の落ち度が無かったかを調べて、どこかで責任を押し付けてくる方もいるわけです。
ということで当社で物件を売買させてもらうときは、築古の特徴もしっかりお伝えしますが結局大事なのはそれが発生したときの対処です。

もっとも大事なのは、保険会社代理店(保険を利用しやすいように工事会社と連携が取れるところ)と工事会社(保険会社と連携がとれる)です。
当社では保険会社代理店も行いながら、工事も職人と直接提携とってやっているので、何とかヒーヒー言いながらオーナーのリスクをこういったところでヘッジしてます。
証拠を偽造して保険金請求するのはダメですから。たまにそれを執拗に求めてくるオーナーもいますが、うちはそういうことはやっていないので予めご了承下さいませ。。。

最近は凍結関係で数件保険適用の承認貰ってます。

ということで、事故が発生したときは阿鼻叫喚に誰かを責めずクールにいきましょう。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績