アメリカの住宅バブル、日本の不動産市場への影響は?






少し前の時事なのですが、影響としてこれからもっと出てくる可能性が高いこの話題について少し触れておきたいと思います。

住宅用木材不足

少し前から、第一線の現場ではこの情報は流れていたのですが、アメリカの住宅バブルで木材が値上がり、あるいは足りなくなっているという状態になってきてます。

木材不足と価格上昇を受けて、需要家であるプレカットメーカーは4月ごろから受注制限を始めた。1割以上減産している会社も多く、「住宅の着工に遅れが出るのは時間の問題」(プレカットメーカー)との指摘も出ている。

現時点で、消費者に関わってくる内容といえばやはり以下です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績