コロナでカウンターキッチンが需要増しだが、割といつも通り。






充実したキッチンニーズが増しているという内容です。

上記の記事では、withコロナでは在宅時間が増え、外食が減るがゆえに充実したキッチンが求められるという内容になっています。

ところで、これは従来の市況からそう変わったことではなくて、自炊をする人の大半が2口コンロ以上で、さらに調理スペースがシンク隣にあるなら嬉しいということで、もうずっと前から求められてきていることです。

それらを求める人は、脱衣所なども個別にあることを希望していることが大半なので、上記のキッチン設備と脱衣所があるような余裕のある間取りである場合には、それらがない物件に比べると数千円、首都圏だと万円単位での家賃差になりえますが、このような設備がなくて入居が決まらないかというと家賃差で解消できる話ではあります。

部屋が狭い案件のほうが建物の総面積からみたときに利回りが高いことが一般的にはなるので、果たしてどちらをとるべきか悩ましいのですが、少なくとも今作られているような新築物件でも、15年くらい前から大きく定番の間取り(そういう2口コンロとか脱衣所)というものは変わっておらず、これからも大幅に変更するのは考えにくいです。

そう考えると今の築30年のワンルームが28000円の家賃だったとしても、将来の同じ立地の定番の間取りのワンルームが築30年の時に25000円になることは考えにくく、家賃は今の築古に比べると維持しやすいと考えられます。

という話をしていると、長期スパンで考えた時に間取りでも物件選定してしまうことになるのですが、僕はこれはいよいよの時は建て替えれば良いと思っているので、問題視はしていません。変化できることが重要です。

ところで、カウンターキッチンなのか、壁付けキッチンかどうかに関しては、大きく家賃に影響するほどでもないので、間取りに対しての生活スペースなどを考慮して配置すべきということで問題はありません。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績