個人の新築建築に対して金融機関が慎重


こんばんは、少々遅れ気味だったブログ執筆活動ですが、ようやく戻ってきました。

ちょっとイレギュラーな行動をとるとブログ更新にしわ寄せが出てきてしまいます。

なぐり書きでも誤字脱字があっても毎日ブログを書いていても、それなりの長さの文章を書くということにはちゃんと集中する時間が必要なので、ムラだらけのメンタルをどうにかしなければいけません。

新築ということに対して慎重な審査

さて、新築を企画するようになってもう10棟程度になります。

たった10とも言えるし、もう10とも言えますが、建築も工務店もそれより遥かに多くの経験をしてきている会社と協業してやっているので、相応に洗練されたものを企画できています。

あるとすれば当社が未熟ゆえにイレギュラーなコストやトラブルが発生することがあるという程度でしょうか。

不動産の難しいところは、誰もが欲しがりそうな土地ならそもそも高値になっているし、原石のような土地なら計画より多くのコストが後で発生することもあり得ます。

この計画を厳しくみすぎると安すぎる交渉になり得るので難しいところです。

ところで当社は経験としてまだ10件くらいですが、検討対象になってきた土地というと当然その10倍以上は見てきて今の状況です。

土地から購入して建築するということは、規模が大きくなればなるほど、いざ建築する段階でコストが大きく変わる可能性や建築費の変動があり得ます。

建築費だけ押さえていれば良いように思いますが、実際には上下水道だったり外構工事の費用もあったりと、アパートを稼働させるために必要なコストを工務店が全て網羅して見積もりに含めてくれるかは、経験者しか察知しにくいポイントです。

そこで金融機関も建築主に融資をする中で、計画から予算が大幅に増えるような事態を何度も見てきているはずであり、それを懸念してきたのでしょう。

収益不動産としての評価は問題なかったものの建築費用が上振れした時に対応できる投資家であるかということを厳しめに見られました。

この審査から自分で建築しようとして失敗した人がいることを想像させますが、ソソグー不動産としては、当社の企画なのでコストオーバーした時の対応に関してはこちらで相応の責任を取る契約にしているんですけどね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績