いい会社に見える不動産管理会社はだいたいBMコストが高い。


管理料の多くが慣習で5%に設定されがちなまだまだビジネスモデル構造が生まれ変わらないこの不動産業界。

管理料は慣習な部分もあるので差別化しているところは少ないものの、いいイメージがある会社はBMコストが高い可能性があるというのが今回の内容です。

会社は経営や社員で大きく色が変わります。ただ、どんなにいい会社でもそれが見えるところにないと誰にも気づいてもらえないので、情報発信やブランディングが必要になります。不動産賃貸業にも近いものがありますね。

こういう業界ですから、多くの不動産会社の場合、この情報発信やブランディング戦略を自社でやれる会社は少数派です。

まだ最近やりだしたばかりですが、私が社畜となって地道にやっていてもうちもこの程度のレベルなので、営業が増えてもう少し今の営業人員に余力が出てきたら、資金投下もぼちぼち考えています。

私のように社長自らが広報で実動している会社って少ないので、大半の会社でいいイメージを生み出しているところは、もれなく利益率が高く手がまわりにくいところに資金投下出来ている会社です。これは良い悪いではなく経営層が優秀ということですね。

メンテコスト感覚チェック

大家業をしていたら避けて通れないものであり、たくさんの管理会社をあまり知らない場合、露骨に差が出やすいのがBSコスト(メンテナンスコスト)です。

エレベーターなどの保守管理、清掃、原状回復など多岐に渡ります。

例えば、室内清掃ワンルーム2.8万円という会社があり、これを普通と思える人は管理会社が変更するとコストメリットがかなりある可能性があります。

管理会社側の視点からみても、現状回復に関わらずそういう単価の管理会社で1,000戸管理しているとしたとして、300戸が入れ替わったとし、内容に差はあるものの、利益が一部屋あたり3万円ずつ高いとしたら、年間900万円にもなります。

人を雇うもよし、車を良くするもよし、広告を出すもよし、

某会社なんかは、更新料が一年に2万近くに設定しているので、2000戸の管理戸数があるとしたら、単純に1年4000万円の利益がここで生まれます。一等地の綺麗なビルにオフィスを構えられるわけですよ。

はっ!!

いつの間にかひがみのようになってしまいました。こういう話でわかるように、管理会社の利益って少しの差で一気に傾くし、これがあるからこそ先行投資の財源になるわけです。

うちのようなストイックな会社が一番とは言いませんけれど、利益設定はほどほどで、ちゃんと経営していれば先行投資ができるような、そういう会社に依頼するのがいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』