炭火焼き百二十年入船のうなぎ 宮崎県西都市 コスパ重視のふるさと納税


コスパ重視のふるさと納税

コスパ重視部門、ギリギリ参入のこちら。

うなぎの蒲焼でございます。

炭火焼き百二十年入船のうなぎ

  • 寄付額 10,000円

うなぎのコスパと感想

4,000円相当の商品のようです。

コスパ目線ではギリギリではあるものの、この味が宮崎まで行かずに自宅で食べれることに価値がある!

実際、宮崎のうなぎというわけではなくても、うなぎは普段たべようと思っても住んでいる場所によっては外食するお店もないことが多いのではないでしょうか?

そう考えると、ふるさと納税だからこそのただ感覚だからこそ頼んでみるのは良いことですよね。

調理もいらずのお手軽なうなぎ丼をいただきましょう。

ペロッと食べてしまうので虚しさも残りますが、一食の価値あり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』